英文法の比較を学ぶ準備〜【比較対象】と【比較基準】の存在を知る

比較の単元に入ります。比較には原級・比較級・最上級っていう3つがあってねって話をもちろんしていくわけだけど、最初なので全部に共通することをまとめておきましょう。

スポンサーリンク

比較とは

まず比較とは何でしょうか。なんでもいいから比較している文を作ってみましょう。「俺よりアイツの方がカッコいい」みたいになるかな。何でもいいから自分なりに作ってみてください。日本語でOK。

その文から分かる大事なことが、比較には必ず【比較対象】と【比較基準】がある点です。簡単に言えば、「何」と「何」を「どういう基準」で比べているか、これが比較です。

比較の文、あるいは問題を扱う場合は、必ずこの2つを確認してください。これをしないと変な間違えをしてしまうことがあるんです。それぞれをもう少し詳しく説明しましょう。

比較対象とは

上でも言ったように、【比較対象】ってのは、その文で「何」と「何」が比べられているのかということです。上で出した例なら「俺」と「アイツ」だね。

この【比較対象】は必ず同じ種類のものでなければいけません。「俺」と「アイツ」は同じ人間の、しかもたぶん男同士という共通点があるから比べられる。

でも「俺よりトマトの方がカッコいい」ってのは、もちろん言えなくはないけど、文としては何の意味もなしてないですよね。必ず同じ種類のものを揃えてください。

比較基準とは

続いては【比較基準】です。比較基準ってのは通常、形容詞か副詞で表します。「カッコいい」とか「高い」は形容詞、「上手い」や「速い」は副詞です。こんな比較基準で例文を作った人は多いのではないでしょうか。

だから比較の文を作るときは、このどちらかの形を少しいじるのが普通です。erをつけたり、moreをつけたり、少しでも比較について勉強したことがあれば100%これは知っているでしょう。

ただし、「俺はアイツよりたくさん勉強した」といった文になると、ちょっと話が変わります。この文では「俺」と「アイツ」を「勉強した量」という基準で比べています。

あるいは「俺はアイツより本をたくさん持っている」という文だとどうでしょう。こちらは「持っている本の量」という基準で比べています。

前者は動詞に関するものだし、後者は名詞に関するもの。このように基準自体はとてもたくさんのパターンがあって、それを知らなかったり判断できなかったりすると、途端に比較が難しく感じます。

ただ、それは次回から原級・比較級・最上級を順番に見ていく中で、全てのパターンを紹介するので大丈夫。判断の仕方さえ分かれば心配はありません。

比較の構文

He is as tall as I.
He is taller than I.
He is the tallest in our class.

その判断の仕方を学ぶ上で大事なこととして、最後に「比較の構文」の話をしておきます。

次回から3つの級(=原級・比較級・最上級)について話しますが、それらはそれぞれ[as ~ as…][~er than…][the ~est ...]といった型を持っています。

そしてこの型から[~]だけ抜いたもの、つまり下線を引いた部分を「比較の構文」と言います。別に言葉を覚える必要はないけれど、各級の説明に入ったら下線部分を指摘できるようにしてください。

何故かと言うと、比較の文からこの比較の構文をなくしたとき、残りは普通の文になっていることが分かるかな?できていたら正しい比較の文だし、そうでなかったらその文には間違いがある。

この作業ができると比較の基準を理解するのに、そしてもちろん問題を解くのにとても役に立ちます。詳しくは次回からの具体的な説明の中でみていきましょう。ひとまず比較を学ぶための準備は終わりです。

スポンサーリンク