比較級の作り方〜betterの使いどころとless/fewerの使い分け

比較級の話をします。前回までの原級の話が分かっていれば大丈夫。逆にまだ自信がない、あるいは読んでないって人は、必ず戻って比較基準のパターンを押さえてから読み進めてください。

スポンサーリンク

比較級とは

比較級とは、「AはBより〜だ」という意味をつくるもの。まさに単元名から思い浮かべるもの通りの表現です。原級と同じように、2つのものを比べます。

原級は同レベルのものを提示してあげることで、Aのことをより詳しく説明するって言ったけれど、比較級はもっと単純に、この比較基準ではAの方がより強いってことを述べるだけ。とってもシンプルです。

【比較級=2つのものを比べ、どっちが上か(あるいは下か)を述べるもの】と押さえましょう。

比較級の作り方

原級の比較構文は、比較基準をasで挟む【as 〜 as …】という形でした。比較級ではこの比較構文が2つになります。【〜er than…】と【more 〜 than …】です。

厳密に言えば「〜」の部分はもともとあったもので比較構文ではありません。でも比較級では「〜」に「er」がくっついた形になるので、このような説明をしています。

er型とmore型の使い分けは「〜」の部分に入る形容詞あるいは副詞の音節によって決まります。音節というのは、母音(a,i,u,e,o)の数のこと。3音節以上(=母音が3つ以上)ならmore型、2音節以下ならer型です。

この点は次回に比較基準の作り方としてまとめます。

1つ注意が必要なのは、原級では比較基準が2語以上になっても関係なくasで挟むことができました。形容詞の限定用法や動詞、名詞が比較基準になっている例文をもう1度見なおして見てください。

ところが、比較級では単語にerをくっつけるという作業が出てくるため、「〜」の部分には形容詞か副詞1語だけが入ります。

したがって、基準が動詞や名詞のときは、〜erの後ろに名詞あるいは動詞を置きます。次の例文を見るときに確認してね。more型のときは特に意識するこもなく、moreの後ろに2語続けて置いてくれれば大丈夫です。

比較級のパターン

1.He is smarter than I.
2.She is a more skillful pianist than he is.
3.I can run faster than he.
4.She talks more than you.
4-2.She loves him better than I.
5.I read more books than you do.

原級と同じように、比較級も比較基準ごとに例文を紹介します。順番も「形容詞の叙述用法」「形容詞の限定用法」「副詞」「動詞」「名詞」と同じなので、原級のパターンと見比べながら見てください。

それぞれ、「彼は私より賢い」「彼女は彼よりピアノが上手い」「私は彼より速く走れる」「彼女はあたなより多くしゃべる」「彼女は私より彼を愛している」「私はあなたより多くの本を読んでいる」。

動詞や名詞が比較基準になっているときはmuchやmanyを加えましょうって話をしたけれど、比較級では両方とも[more]を追加します。だから可算名詞と不可算名詞の違いがなくなって、基準は5種類になる。

このmoreみたいに[er]をつけるだけではない、不規則な変化をするやつについては、次回また改めて紹介します。

比較級の注意点としてあるのが、ひとつ「4-2」としたもの。動詞が基準となっているパターンで、その動詞が[like]や[love]のときはmoreではなく[better]にしましょう。

比較級の劣等比較

・He is less smart than I.
・She is a less skillful pianist than he is.
・I can run less faster than he.
・She talks less than you.
★I read fewer books than you do.
・I have less money than you have.

続いては比較級の劣等比較。ここでは2点注意してください。1つはnotを使わないこと。原級の劣等比較と違って、比較級ではnotを使わずに比較基準に[less]を加えます。

2つ目は可算名詞と不可算名詞の区別です。さっき比較級ではこの区別をしなくていいよと言ったけれど、劣等比較になるとその区別をまたしなくてはいけなくなります。

不可算名詞ではそのまま[less]でいいんだけれど、可算名詞の場合は[fewer]にするんです。劣等比較の中で、比較基準が可算名詞のときのみfewerが登場し、あとは全部lessを使うと覚えておきましょう。

スポンサーリンク