完了形の定番問題〜「死んで10年になる」と「have been to・have gone to」

完了形の説明が一通り終わりました。次の説明に行く前に、定番問題の紹介をします。

「彼が死んで10年になる」の書き換えと、「have gone toとhave been to」の区別の2つを見ていきましょう。

スポンサーリンク

現在完了の書き換え

まずは現在完了の書き換えについての問題です。いきなり例文を5つ出します。これらは全て「彼が死んで10年になる」の意味。それぞれがどう違うのかを確認しましょう。

  1. It has been ten years since he died.
  2. It is ten years since he died.
  3. The years have passed since he died.
  4. He died ten years ago.
  5. He has been dead for ten years.

1番目が最も基本的な書き方です。時間は主語を[it]で書くのが普通で、その「時」がずっと継続してることを表すために現在完了が使われます。

この完了形をただの基本形にしてしまったのが2番目の文。これは文法的には正しくありません。でも、普通に使われすぎて「もう正解でいいよ」となった形です。マジで。

3つ目は時間を主語にしたもの。動詞が[pass]に代わっていることに気をつけてください。こっちに関しては常に現在完了で書きます。

4つ目は単純に過去の事実として書いたもの。基本的にはこの4つが書き換えのパターンとなります。以下のものを「〜して…経つ」の表現4つと覚えておきましょう。

  • It has been 期間 sinceSV.
  • It is 期間 sinceSV.
  • 期間 have passed sinceSV.
  • SV 期間 ago.

「死ぬ」が使われる理由

この書き換えに「死ぬ」という暗い話がよく使われるのは、これによって書き換えパターンがもう1つ増えるからでしょう。それは[dead]という形容詞があるから。

「デッド」、よく聞く言葉ですよね。映画のタイトルとかでは特によく見る気がします。マーベルヒーローものの『デッドプール』やパイレーツ・オブ・カリビアンの2作目は『デッドマンズ・チェスト』でした。

この[dead]を使って5つ目の文が作られます。直訳すれば「彼は10年間の間死んでいる状態だ」。我々日本人的には「そんな言い方しねーよ」と思うけれど、外国人的には普通のことなんです。

ゾンビでもミイラでもいいですが、一度死んでも元の姿を残してますよね。大体はちょっとドロドロしてるから70%くらいな感じだけど、そのまま墓場に埋められています。

これらをイメージすると、死んだ状態でいるっていうことが何となく分かりませんか?10年間死んでたけど、突然生き返るみたいなストーリーがありますよね。

キリスト教だろうがイスラム教だろうが、基本的には死者は土葬をされます。つまり、死者の精神は天国に行くけど、肉体は十字架の下で横になっている。

これが「デッドでいる状態」でした。どれが出ても不思議じゃないので、現在完了の書き換えは必ず5つを完璧に覚えておきましょう。

have gone toとhave been toの区別

完了形の定番問題、もう1つがhave gone toとhave been toの違いです。中学で必ず習う話だし、出題率は低いけれど、会話では使えるので一応確認します。

過去にどこかへ行ったことから今を語りたいとき、[have been to]と[have gone to]の2つの言い方があります。これは今がどうなっているかで使い分けましょう。

行ったけど今は戻ってきている場合、それは[have been to]を使います。体験談を語ったり、「用事を済ませてきた」みたいな話をするときはこちらです。

それに対して今もいない場合、つまり行きっぱなしの場合は[have gone to]です。不在を伝える場合とかに使います。

戻ってきているかどうか、判断の基準はこれだけなので簡単でしょう。以上で現在完了の話はおしまいです。

長かった時制もあとは「時制の一致」という話を残すのみとなりました。あと2回、頑張りましょう!

スポンサーリンク