数詞 of 関係代名詞〜先行詞の一部を指す表現

たとえば「EXILEにはたくさんのメンバーがいて、そのうちの何人かが歌を歌う」ってことを言いたいとします。

「その」の部分はもちろんEXILEを指すけれど、述語であるsingの主語はEXILEではありません。EXILEの中の何人か。この「そのうちのいくつか」を表す表現が今回のテーマです。

スポンサーリンク

数詞 of which

・There are many men, forth of whom sing.
・He lent me two books, neither of which I have read.

上でも言ったように、関係代名詞の節内が先行詞の一部のみを指しているとき、関係代名詞の前に「数 + of」が加わります。

気をつけるべきは2点。まず数字は【数詞】で書きます。普通にワン・ツー・スリー・フォース・フィフス…と書いてくれればOKです。

もう1つは関係代名詞の格です。例文は上が主格で下が目的格の文ですが、ofの後ろ、つまり前置詞の後ろなので、必ず目的格で書かなければいけません。上をwhoにしてはダメです。

それから、この表現は必ずしも数字で表すとは限りません。「そのうちの多く」や、例文のように「そのどちらも違う」といった表現もあり得ます。あとは強調のために「その全部」とか。

したがって、【many】や【all】【neither】等もofの前にくることがあることを、ちょっと覚えておいてください。

【所有物 of which】も同じ用法

所有格の関係代名詞で【所有物of which】の形でも書けることを言いました。説明の順番の都合で分けて話したけど、この2つは同じ用法です。

黒いサングラスを含めてタモリと言うように、持ち物だってその人の大事な一部だと考えます。

スポンサーリンク