奥州藤原氏と源頼朝に征夷大将軍任命の話

平安時代の最後として、頼朝vs義経の争いと、そこに深く関わる奥州藤原氏の話をまとめます。

スポンサーリンク

奥州藤原氏とは?

守護・地頭の設置によってどこにいても追われる身となってしまった源義経。どうにかこうにかして、東北にいた藤原氏の元に逃げ込みました。この藤原氏を平安時代に暴れまくった藤原氏と区別して奥州藤原氏と呼びます。まずはこの人から。

奥州藤原氏の始まり

話は前九年の役・後三年の役の頃に戻ります。前九年の役で源氏に加担した清原武則は、敵だった安倍頼時の娘(=貞任の妹)を自分の長男に嫁がせていました。戦利品的な扱いだったのかね。

ただ、この女性はすでに結婚していて、でもその旦那さんは前九年の役で戦死。未亡人になりたてでした。そういう意味では償いだったのかもしれません。このときすでに男の子がいて、この子も一緒に清原家に引き取られています。

この亡くなった旦那さんの苗字が藤原でした。平将門の乱で活躍した押領使藤原秀郷の子孫で、もともとは京にいる藤原氏の家系だけど、もうずっと昔から地方で土着していた、もはや藤原本家とは何の関係もないような家柄です。

清則の長男に再婚として嫁いだ女性は、こちらでも1人、男児を産みました。後三年の役が清原氏の内紛だったという話を覚えているかな?実はこの内紛はこの2人の異父兄弟によって行われたものだったのです。

そして源義家の支援を受けて勝ったのが兄の方でした。つまり元藤原氏だった方で、名前を清衡(きよひら)といいます。もちろんこのときは清原の姓を名乗っていたけれど、勝って清原家の財産を全て手に入れ、名前を藤原に戻したのです。

これが奥州藤原氏の始まり。東北一体を全て支配していた清原家の財産を全て手に入れたため、ムチャクチャ金を持っていました。東北の観光地として有名な中尊寺金色堂もこの清原改め藤原清衡が作ったものです。文化史でやるよ。

奥州藤原氏vs鎌倉幕府

奥州藤原氏は清衡を含めた3代でどんどん大きくなっていきました。2代目の基衡(もとひら)は毛越寺(もうつじ)という寺を作り、無量光院を作った3代目秀衡(ひでひら)のときにピークを迎えます。

この秀衡のころというのは、ちょうど源平の戦いが行われているとき。前回よりも大きな視点で見るならば、日本には西の平氏、関東の源氏、東北の奥州藤原氏という3代勢力が支配しているという状況でした。

源氏が平氏を滅ぼして強大な力を持つと、当然奥州藤原氏はピンチになります。そこで頼朝から追放された戦いの天才、義経をかくまうことで、なんとか対抗しようとしたのです。

藤原秀衡はかなりカリスマ性のある人でした。親父と爺さんが作ってきた藤原氏をさらに大きくしたし、源氏と戦う気はあまりなかったけれど、いざというときは多くの兵力に加えて義経を大将にすることで、勝てる可能性を十分に作っていた。

しかし、源氏的には奇跡的なことに、義経をかくまってすぐに、秀衡がなんと亡くなってしまいます。タイミングが完璧すぎたために暗殺説も言われるけれど、普通に亡くなっただけという意見が強い。

そしてこの優れた人物に対して、次の4代目泰衡(やすひら)という人は全然ダメな人でした。秀衡が亡くなってわずか2年で奥州藤原氏は滅亡してしまいます。

4代、全て「衡」がつくので、1文字目だけとって「清基秀泰(きよもとひでやす)」と覚えておこう。順番が大事です!

泰衡が無能系というのは頼朝の耳にも入っていました。そこですぐに後白河法皇に対して泰衡追討の院宣を出すように求めます。謀反人である義経をかくまっている奴はそいつも当然謀反人だという論理です。

ただし、後白河は「頼朝=怖いけどムカつく」、「奥州藤原氏=従順」という認識を持っていたため、頼朝の言うとおりにはせずに義経を討つことを直接泰衡に言いました。義経さえ消えれば、頼朝が持ちだした大義名分も意味がなくなるから。

そして泰衡は実際に義経を消します。最後は追い詰められた義経が自殺する形で終わるんだけれど、これを衣川の戦い(ころもがわ)と言いました。これでまずは一安心と思ったはずです。

しかし、頼朝は止まりませんでした。これまで大義名分を作ることを最重要事項としてきたのにもかかわらず、この最後になって突然、「武士同士の戦いはいわば身内の戦い。上皇の許可はいらない」という姿勢に変わるのです。

そして泰衡を瞬殺しました。これを奥州合戦と言います。最後に半ば反逆的なことをしたけれど、強気に出たことで逆に多くの武士から尊敬を集める、まさに武士政権のトップとしての地位を固める結果となりました。

この状況に対して後白河法皇は頼朝を右近衛大将に任命しました。ただし、頼朝はあくまでも征夷大将軍を求めた。そして法皇もそれだけは最後まで拒否した。最後は後白河法皇が死去した1192年、上皇が代わった瞬間に任命されました。

すでに鎌倉時代のことにも多少踏み込んだけれど、以上で平安時代の話がおしまいとなります。16回にわたってやってきました。タイトルを見て内容を思い出せるか、天皇の順番を覚えているかを確認しましょう。

スポンサーリンク