旧石器時代〜人骨・大型動物・打製石器・遺跡

今回は旧石器時代の話です。ウホウホ言ってる人間がみんなでマンモスを追いかけている、そんなイメージの時代。

大学受験で覚えるテーマは人骨・大型動物・打製石器・遺跡の4つ。順番にまとめていきます。

スポンサーリンク

化石人骨の発見

人間は長い歴史の中で猿から分かれるようにして生まれました。残念ながら突然アダムとイブがポンと生まれたわけではありません。

本当に長い年月をかけて、ちょっとずつ頭が良くなり、体毛が減ってきたのです。

旧石器時代は前回言った通り260万年前から1万3千年前までの間を指します。旧石器時代は前回言った通り260万年前から1万3千年前までの間を指します。この間に、人間は「ほぼ猿」から「ほぼ現代人」にまで進化をしたのです。

人類の進化4形態

人類は旧石器時代が始まるよりもだいぶ前に誕生したと言われています。最古の人類が「サヘラントロプス・チャデンシス」といって、約700万年前にいたとされています。

ここから旧石器時代になるまでどうしてたか分からないけど、とにかく「ほぼ猿」のまま旧石器時代に突入し、そこからどんどん進化を始めるのです。

ほぼ猿のときを【猿人】、ほぼ現代人のときを【新人】と言います。その間に2段階があり、それぞれ【原人】と【旧人】と言います。

したがって順番としては【猿人】【原人】【旧人】【新人】です。絶対に順番を間違えないように。

全て「○人」なので、○の部分だけ並べて「えんげんきゅうしん、えんげんきゅうしん」と早口で言いましょう。

全部を1つの単語として覚えておけば、あとから切り分けるのなんて簡単な話だし、頭で覚えるより口が勝手に動くように身体で覚える方が、記憶は絶対に長持ちしますよ。

この覚え方、僕は何回も言っていきます。日本史だけに限らず英語でも(たとえば不定詞の副詞的用法とか)言ってるよ。ぜひやってみてください。

化石人骨の種類

日本で見つかった化石は、浜北人(はまきた・静岡)・港川人(みなとがわ・沖縄)・山下町洞人(やましたちょうどうじん・沖縄)・明石人(あかし・兵庫)の4つ。いずれも新人です。

この人名と県名は必ずセットで覚えてください。「沖縄で発見された浜北人がどうのこうの」みたいな形で地名は正誤問題でよく聞かれます。

日本ではまだ新人より前の化石は見つかっていません。逆に明石人は本当はもっと後じゃね?って疑われてて、現在は教科書本文から削除されています。

ちなみに、これらの化石人骨が出てきたのは、全て石灰岩の地層からでした。石灰岩は分解しづらい性質を持っているので、骨も無事に現代で発見することができたのです。

普通に考えて、1万年以上前の骨が見つかるって意味が分からないよね。ピンとこなすぎる。

大型動物の到来

今回の最初に「この時代はマンモスを追いかけている」と言いました。旧石器時代はとにかくでっかい動物がいて、集団になって命がけでそいつらを狩る、まさにモンハンみたいな時代です。

旧石器時代は地質学的には更新世と呼ばれると言いました。これ、簡単に言うと氷河期という意味です。

日本もまだ寒く、今より海水面も低かった。だから大陸と陸続きで、デカいやつらがノソノソ歩いて日本に来れたのです。

そんな大型の動物をここでは4つ覚えておきましょう。【マンモス】【ナウマン象】【ヘラジカ】【大角鹿】です。

大角鹿は本当はカタカナ表記だけど、最初は漢字で覚えておくと便利。

というのも、この4種類が南北どちらから来たかを覚えなきゃいけないからです。北海道はロシアと、九州が中国とくっついていたので、日本への入り口は2つありました。どちらからいらしたんでしょうか。

覚え方は簡単。漢字は中国から来たもので、カタカナは欧米の言葉を表すときに使うものでしょ?

だから北からはカタカナしかないマンモスとヘラジカ、南からは漢字が入っているナウマン象と大角鹿と思えばいいんです。これが漢字で覚えておくべき理由。

ちなみにナウマン象の化石は長野県の野尻湖でたくさん発見されています。

打製石器の発達

野生動物の次は、当時の日本人はどうやってこの巨大生物を狩っていたのかについて。

倒すためには当然武器が必要ですよね。この役割をしていたのが石器。旧石器時代に使われていたものを打製石器といいます。

大事な打製石器は4種類。石斧(せきふ)・石刃(せきじん)・尖頭器(せんとうき)・細石器(さいせっき)です。最後の細石器は旧石器時代後半になって出てくるものなので、まずは前3つから。

石斧・石刃・尖頭器はそれぞれ「たたく」「斬りつける」「(槍にして)ぶっ刺す」用として使われました。

石斧は握槌(にぎりつち)、石刃はナイフ形石器の名前で出てくることもあります。

最後の細石器、これは1つ1つはとても小さな石器で、木にいくつもはめ込んで投げ槍などにしていました。

尖頭器に比べて重心が安定し、且つ石器自体は簡単に交換できる、そんな便利な道具です。中国→ロシア→日本と伝わってきたらしいです。

旧石器時代の遺跡

人間がどのような生活をしていたかのかは、人間が集団でいた形跡が見つからない限り分かりません。たとえばさっき言った打製石器も岩宿遺跡が見つかったからこそ分かったのです。

なので、原始の各時代はどんな遺跡があったのかを知ることがすごく大事になります。当然問題にもよくなるところ。

しかも試験として受験生を間違わせるために、各時代の遺跡を混ぜて出してくるんですね。

だから、遺跡に限らずだけど、【名称】・【地名】・【時代】の3点を必ずセットで覚える必要があります。

なんて名前の遺跡で、どこにあり、それは何時代のものなのか、これを正確に覚えることが最重要ポイント。

旧石器時代の遺跡として絶対に覚えてほしいのは1つ。それとだいぶマニアックだけど出るかもなっていうのが3つ、計4つの遺跡を知っておきましょう。

岩宿遺跡(群馬)と早水台遺跡(大分)、白滝遺跡・置戸安住(北海道)です。

2つ目は「そうすだい」と読みます。それから「しらたき」と「おけとあずみ」、この2つはともに北海道で近くにあり、さっき話した細石器がたくさん出てきた場所として有名です。

一方、絶対に覚えるのが岩宿遺跡、1946年に相沢忠洋(あいざわただひろ)という遺跡マニアが発見しました。終戦の翌年のことです。

さっき化石は石灰岩の地層と言ったけど、この岩宿遺跡は赤土の層から発見されました。ちょっと珍しいパターンなので、この赤土が広がる地層のことを関東ローム層と言うので覚えておきましょう。

この関東ローム層は火山噴火が頻発した時代のもので、とても人間が住めるような環境じゃなかったと言われていました。

そこでこの相沢さんが「いや、バリバリ住んでましたよ」と証明したので、衝撃が走ったんです。

人類の進化についいて

以上で旧石器時代の話は終わりです。

旧石器時代の人の骨が出土しているよ、その人たちは大型動物を食べてたんだよ、それには打製石器が使われたんだよ、それが分かったのは遺跡のおかげです。

そんな感じで覚えてもらえればと思います。

で、受験とは関係ないですが、人類の進化について少し補足をさせてください。上の方では、説明が分かりやすいように【猿人】【原人】【旧人】【新人】と進化していったと言いました。

ただ、実際はこれ正しくありません。猿人から明らかな人に進化した段階で、人類はたくさんの種類が生まれたのです。ピンとこないかもしれないけど、犬にたくさんの犬種があるように、本当に様々な人類がいたんです。

それが時代によってどんなやつらが覇権を取ったかで分けられています。一番最初は肉体的に強いのが勝ち上がり、時代が変わると頭脳戦で物事が進むようになり、最後は可愛げのあるやつが頂点に立ったみたいな。

もちろんこんな単純な話ではないですが、今の例で言えば、ドーベルマンとかセントバーナードとかが原人で、ゴールデンレトリバーとかプードルとかが旧人、そして僕たち新人は柴犬みたいな話。

ただ、僕らが知っている人種の違いって、白人とか黒人とかいう程度で、チワワとシェパードみたいな違いには思えないですよね。

実は、約2〜1万年前に私たち「ホモ・サピエンス」は他の人類を全て絶滅させてしまったのです。今、世界には柴犬しかいない状態。

他にどんな人類がいたのか、なぜホモ・サピエンスは他に勝てたのか、いやそもそも新人の時代が来るまで何をしていたのか。

そういったことが超面白く書かれているのが2017年に大ヒットした『サピエンス全史』という本になります。

オリラジの中田さんも解説しているので、暇なときにぜひ見てみましょう!

スポンサーリンク