NO IMAGE

受身の条件〜目的語が足りない場合は受身を作る

受動態の2回目は、どういうときに受動態の形を選ぶのか、受身にするときの条件についてまとめます。まだ受動態の作り方は話しません。

そんなのどーでもいいくらい重要な話から先にしていきたい。ここから先の文法をマスターするのに圧倒的に大事なお話なので、確実にマスターしてください。

スポンサーリンク

受動態にすると目的語が減る

受動態は「能動態の文を、目的語を主語にして書き換えた文」でした。目的語のない能動態の文は受動態にできないけれど、受動態の文は全て能動態に変えることが可能です。

受動態に書き換えた際、そこには必ず目印が残ります。それが「目的語が1つ減る」というもの。前回使った例文をもう1度見てみましょう。それぞれの文型が分かりますか?

  • Everybody trusts her.
  • She is trusted by everybody.

上がSVOなのは大丈夫でしょう。下の文について、【be+Vp.p.】はセットでVと考えてOKです。残りの前置詞+名詞は修飾語。つまり、下の文はSVだけの文。

このように、受動態の文に書き換えたときは目的語が1つ減るという特徴があります。まずはここまで大丈夫でしょうか。

この話を元に、今回のメインの話に移りたいと思います。

受身の条件

受動態の勉強で最も大事なことは、能動と受身を選べることです。何回でも繰り返すけど、本当にこれが大事。試しに次のカッコ内の動詞を適切な形に直してみてください。

  • She (trust) by everybody.

ついさっきやったし、前回も使った文なので[is trusted]と書けたはずです(大丈夫よね?)。でも、この文だけを見て[trusts]ではなく[is trusted]だと思えるかな。

受身だと確信できる、それをぜひ今回マスターしてほしいと思います。

この話で鍵を握るのは、再度登場「自動詞と他動詞の区別」です。今回使った[trust]は他動詞。[Everybody trusts her.]の文で他動詞であることを確認しました。

また、「信頼する」って言われたら、「誰を?」って聞きたくなりますよね。だから自動詞・他動詞の判断方法で考えてくれても問題なく分かるでしょう。

では、問題になっているのが他動詞の文と分かったところで、そのことを意識してもう一度見てみましょう。[She (trust) by everybody.]。

今、[trust]は他動詞だと言ったのに、後ろには【前置詞+名詞】の修飾語しかありません。つまり目的語がない。他動詞は目的語が必要なのに、それがないのです。

このように、目的語が必要なのにない場合、その動詞は受身の形にしてください。逆を言えば、目的語が足りてないときでないと受身は使えないということでもあります。

これに当てはまらないパターンが1つだけあるけれど、そんなのはあとで覚えればいい。まずはこの目的語が足りないときは受身にするという原則を絶対のものと思いましょう。

動詞の形を答える問題の解き方

ということで、先ほど挙げたような動詞の形を問う問題について少しまとめます。このような問題は【時制】を問うか【態】を問うかのどちらかです。

いずれにしても、その動詞が何かをきちんと把握することが大事。①be動詞or一般動詞、②動作動詞or状態動詞、そして③自動詞or他動詞。この3つを確認してみましょう。

一般動詞かbe動詞かは見て0.3秒くらいで判断できると思うので、どうでもいい。とにかくまずは自動詞か他動詞かを確認し、目的語の有無が正しいかを考えます。

そこで足りないと思ったら受身を選択です。英語の試験で点数を取りたかったら、「他動詞なのに目的語が足りない」ケースを絶対に見逃してはいけません。

そして、同じくやってはいけないことは、こういうときに「そっか、自動詞もあるんだー」って勝手に解釈してスルーすることです。

たしかに、自動詞と他動詞の両方を持つ動詞はたくさんありますよ。でも、大事なものはこの講義のさまざまなところで何らかの形で紹介しています。

全く触れてない単語については「他動詞っぽい自動詞」の単語である可能性より、普通にそのまま他動詞である可能性の方が絶っっっ対に高い。勝手な予想は辞めましょう。

lieとlayの問題の解き方

ちなみに、【lieとlay】【riseとraise】の話をした際に、「100%解けるためには、もう1つ受動態の知識がどうしても必要」だと言いました。今ならこの意味が分かりますよね?

あのときは「後ろに目的語があれば他動詞を、なければ自動詞を選ぶ」と言いました。でも、実際には「目的語がない場合は自動詞か、他動詞の受動態を選ぶ」が正解です。

そしてこの2つの区別は形ではできないので、どうしても意味で判断することになります。問題を解くときであれば、必ずそれを判断できるヒントがあるので、探してみてください。

以上が受動態で最も大事な「受身の条件」についてでした。くり返しますよ、「目的語が足りなければ受身にする」です。

受動態に向かない動詞

受動態を使う際の条件という点では、もう1つ話があります。ここからは若干おまけ的な内容になるので、「へぇ〜」くらいの気持ちで進んでもらってOKです。

受動態は、もともとの文(=能動態)を「わざわざ」書き換えて作る文です。そこには何かしら「書き換える理由」がないと、なんでわざわざ手間を増やすんじゃ!となります。

受動態にする理由としては、前回【主語の省略】と【SとOのパワーバランス】を紹介しました。それに対して、こういうのはわざわざ書き換える意味がないから、基本やめようというのもあります。

それが「(能動態の)主語が目的語に特に影響を与えていない」ときです。受動態にしたときに「〜された(その結果変わった)」とならないものは受動態にしません。

たとえば、「彼は父親に似ている」ってのはよくある話。ただ、「父は彼に似られている」とは言いません。「別に言えなくはなくない?」って感じると思うけど、違います。

別に息子に似られたからって、親父の顔が変わるわけじゃない。パパに似るってのは遺伝子的に影響を受けているって話だけど、その逆は影響されたりしないでしょ?

こういう感じで、受動態にするとその【影響】がなくなっちゃう場合は受動態にできないのです。「家を持つ」もそう。持たれたからって家がご主人に合わせて変わったりはしません。

「誰の家かによってインテリアとかは全然変わってくるじゃん!」って深く考えると間違うので、以下のような動詞は受動態にできないんだーくらいに覚えておきましょう。以上が受身の条件でした。

  1. have
  2. meet
  3. stand
  4. possess
  5. resemble
  6. become
スポンサーリンク