NO IMAGE

第5文型の補語〜原形不定詞・to不定詞・分詞の選び方

第5文型の補語の選び方、前回の【原形不定詞パターン】に続き、今回は【to不定詞パターン】と【分詞パターン】について説明します。

スポンサーリンク

to不定詞パターン

まずは【to不定詞パターン】です。【S V O toV】、不定詞の説明としては本当に最後の形になります。

試験のための文法としては前回の原形不定詞が圧倒的に出されますが、普通に英文を読む中では、今回の形の方が多いでしょう。

【to不定詞パターン】の特徴は、動詞の数がとにかく多いことです。だから数が限定されている原形不定詞と分詞をまとめ、「それ以外の動詞」と教わることが多いんですね。

正しいやり方だと思いますが、もう少し整理をしていくことで、この不定詞が補語になっているものだと確信できるようになる。それが大事です。

というのも、【S V O toV】の形を見たとき、その不定詞は補語だけでなく、Oを修飾する形容詞や、Vを修飾する副詞的用法の可能性もあるからです。

文法問題としては原形不定詞かto不定詞か分詞かを選べることが重要ですが、英語を読んだり聞いたりする中では、この用法が判断できる方がさらに大事です。

「こういった感じの動詞が来たら補語の不定詞」と分かると、判断がずっと楽になるはずです。それでは、動詞を大まかな分類で覚えていきましょう。以下の5つになります。

  1. 【書き換えの使役動詞】
  2. 【その他の使役】
  3. 【思考のthat】
  4. 【願望の未来】
  5. 【要求の第4】

書き換えの使役動詞

1つ目は【書き換えの使役動詞】です。使役動詞については前回の原形不定詞パターンのところで触れました。このto不定詞パターンでも使われます。

前回、[make・have・let]と具体的に3つ覚えてもらったのは、使役動詞はこの3つだけではないからです。実はたくさんあって、代表的で使いやすい3つだけが原形不定詞を導きます。

今回の【書き換えの使役動詞】とは、この3つと同じ意味を表す動詞たちのことを言います。

【強制のmake】【許可のlet】【それ以外のhave】。以下の動詞たちは、この3つとそれぞれ書き換えることができるのです。

  • 【make】:compel・force・oblige
  • 【have】 :cause・get・lead
  • 【let】  :allow・permit

[make ~ V…]と[force ~ toV…]は入れ替えることができます。makeに限らず、【強制】同士、【許可】同士、【それ以外】同士は全部大丈夫。

一応、原形不定詞とto不定詞で違いはないのかと言われたら、to不定詞パターンの方が「苦労して」っていうニュアンスが多少あると思います。

[make・have・let]は気楽に使える動詞じゃないですか。それをわざわざ[force]って言われたら、やっぱりちょっと硬い感じがしますよね。

その他の使役動詞

原形不定詞とto不定詞の書き換えについてまずは大丈夫でしょうか?残りの4パターンの紹介をする上で、ちょっと不定詞のイメージを思い出してください。

不定詞は未来の内容を表すという話を、不定詞と動名詞の違いで紹介しました。この基本イメージはもちろん、ここでも当然に関わってきます。

[let O V~]でも[allow O toV~]でも、[許可する→やる]っていう順番でことは起こりますよね。使役動詞はどれもこの順番を取ります。

ということで、to不定詞パターンを取る動詞の2種類目は、上で挙げた[compel ~ permit]以外の使役動詞です。

くり返し、使役動詞自体はたくさんありますが、覚えとくと確実に便利なものは限られています。ここでは4つを押さえておきましょう。

  1. enable(〜を可能にさせる)
  2. encourage(〜を促す)
  3. persuade(〜を説得する)
  4. urge(〜を促す)

全て「SがVしたあとでOはCをする」という順番で進みます。この4つは本当によく使われるので必須です。

それからenableは人を主語にできないという語法を覚えておいてください。無生物主語と言って、次回やっていきます。

未来を話す願望系

続いては【未来を話す願望系】です。【願望】を表す動詞はこのto不定詞パターンになりますが、まだ実現していないことだから「願う」と考えれば当たり前ですね。

【want、expect、wish、desire】などが頭にあればOKです。注意としては【hope】はこの形を取れないこと、これだけは覚えておいてください。

実は第4の発言系

未来を表すものの最後は【実は第4の発言系】の動詞です。ask、tell、adviseなどの【発言系動詞】もこのto不定詞パターンになります。

アドバイスが一番分かりやすいと思いますが、まだやっていないこと・まだできていないことを助言するよね。

ただし、この子たちは正確には第5文型ではなく第4文型と考えた方がしっくりくるでしょう。実際に依頼や命令を「与える」、これは第4文型のお仕事でした。

でも、結果的にOがCするという第5文型の関係性になっているのも事実。だから第4文型のところで話をするより、ここにまとめてしまった方が楽だと思っています。

実際、学問上もこの分類は意見が分かれているようです。そこらへん、僕はよく知りませんが。とにかく発言系はOの後ろにto不定詞を置くと覚えておいてくださいね。

あ、発言系とは言っても、【sayなど】はこの形にならないのは大丈夫ですか?sayは目的語に人を取れない動詞でした。

何のことか分からない人は「意味からするとSVOO型だと誤解しやすい動詞」を復習しておいてください。

that節を取る思考系

to不定詞パターンを取る動詞にはもう1つ【that節を取る思考系動詞】があります。「思う」系の動詞は目的語にthat節を取ることができました。

そのthat節内のSVをOCに分解したのがこの形です。to不定詞とthat節の書き換えはいろいろなところで出てきますが、ここもその1つです。例を挙げましょう。

  • think・believe・consider・assume・suppose
  • know・recognize・suspect・acknowledge

2段にしたのは、以下のような文を作ったときに、上段は[to be]を省略できる動詞、下段が省略できない動詞となっています。

  • I believe him to be honest.

to不定詞パターンの例外はget

原形不定詞パターンでhelpが例外だったように、このto不定詞パターンにも例外単語があります。それが使役動詞で出てきたgetです。

to不定詞パターンはOとCが能動なら【to V】を、受身なら【to be Vp.p.】の形にするのが基本です。準動詞の受身のルール通りにしてもらえればOK。

ただ、このgetだけは受身のとき過去分詞になります。つい忘れやすいので気をつけてください。以上が【to不定詞パターン】の話でした。

分詞パターン

最後は【分詞パターン】。これはもう簡単です。形は現在分詞と過去分詞しかないし、このパターンを取る動詞も少ない。以下の5つだけでまずはいいでしょう。

  1. keep:OがCするのを維持する
  2. leave:OがCするのをそのままにしておく
  3. catch:OがCするのを見つける
  4. find:OがCするのに気づく
  5. withOC:OがCする状態で

先ほどのto不定詞と逆で、すでにやっていることに対しての話が並んでいますよね。だからVingの形を使います。

これまでは「動名詞は過去のこと」という言い方をしてきましたが、本当は[Ving]の形にこそ、その意味が含まれています。なので分詞ですが過去でOK。

leaveについては[leave O toV~]の形で「OにtoVさせる」という使役の使い方もあります。基本は分詞で覚えておくべきですが、to不定詞と分詞、両方があるので注意してください。

付帯状況のwith

この分詞パターンのところで話しておきたいのが「付帯状況のwith」です。前置詞は名詞だけを後ろに取るのが普通ですが、withはその後ろに形容詞も取ることが可能です。

そのとき、[withOC]の形で「OがCの状態で」という付帯状況の意味になります。付帯状況は分詞構文のところでやりましたね。

そしてこの形のCには分詞を取ることができるのです。ぜひ覚えておきましょう。

今回のまとめ

以上が第5文型の補語に準動詞を取るときの話でした。前回の原形不定詞と合わせて3つのパターンの特徴と、それを取る動詞をしっかり覚えてください。

準動詞の説明は今回で全てになります。本当にたくさんのことがあったね。お疲れさまでした。

第5文型に関する説明を続けますが、ぜひ休憩+復習をする時間を十分に取って、大丈夫だなと思えたら次に進むという感じでやっていきましょう。

スポンサーリンク