英文法講義の目次

NO IMAGE

英文法解説の目次ページです。ぜひこのページをブックマークしておきましょう。

文型(11)

  1. 英文法はじめの1歩〜まずは困ったときの対処法を身につけよう!
  2. 品詞の働き〜英語学習で最も大事な基礎知識
  3. 日本語と英語の違い〜意味を決めるのが助詞か語順か
  4. 文型を学ぶ理由と判断の方法〜全ては努力を無駄にしないために
  5. 文型から文の意味を考える〜英語が簡単である本当の理由
  6. 自動詞と他動詞の違い〜英文法を解く鍵なので常に意識しよう!
  7. 第1文型〜【存在】か【移動】とThere is...の文
  8. 第2文型と第3文型〜補語と目的語の詳しい話と、oneselfの役割
  9. 第4文型と第5文型〜【与える】系の動詞と第3文型への書き換えなど
  10. 文型学習の中で覚えておきたい動詞の語法
  11. lieとlay・riseとraiseの使い分け〜自動詞と他動詞の選び方

時制(14)

  1. 時制とは?〜いつのことかをざっくりと表すもの
  2. 基本時制〜「今」には2つの時間感覚がある
  3. 動作動詞と状態動詞〜動詞の区別の最後、意思か本能かの違い
  4. 動作動詞の現在形〜習慣・不変の真理・未来
  5. 進行形〜過去・現在・未来の瞬間の動作。「いっつも」に注意
  6. 未来の表し方〜そもそも英語に未来形なんてない
  7. 時や条件を表す副詞節の中〜未来のことでも現在形で書く
  8. whenとifの区別とas soon asなどの「〜するやいなや」の表現
  9. 現在完了とは?〜過去にしたことが現在まで続いている話
  10. 現在完了の3用法〜継続・経験・完了の動詞の違いと区別の目印
  11. 過去完了と未来完了〜基準となる過去や起こるタイミングが重要
  12. 完了形の定番問題〜「死んで10年になる」と「have been to・have gone to」
  13. 時制の一致の4パターン〜英語の動詞は常に時制を考えましょう
  14. 時制の一致の例外〜不変の真理・歴史上の事実+現在「も」

受動態(10)

  1. 受動態とは〜目的語を主語にして書き換えた文
  2. 受身の条件〜目的語が足りない場合は受身を作る
  3. 受動態の作り方〜4つのステップで必ず作れる
  4. 進行形の受動態と完了形の受動態〜beとhaveを変換してから過去分詞
  5. 疑問文の受動態〜もともとの場所を確認する
  6. 目的語が名詞節の受動態〜OをCにの例外パターン
  7. 命令文の受動態〜【let O be Vp.p.】の形
  8. 原形不定詞の受動態〜toの復活を見破るためには動詞の意識が大事
  9. by以外で主語を表す受動態〜特にbe known toに注意!
  10. 受動態で使われやすい表現リストと訳し方の確認

準動詞(26:6-6-6-4-3-1)

  1. 準動詞とは〜不定詞・動名詞・分詞・分詞構文の総称
  2. 準動詞の品詞〜文法を品詞で捉えるとつながりが見える
  3. 準動詞の否定〜不定詞はnot toV、動名詞などはnot Ving。必ず前!
  4. 準動詞の意味上の主語〜不定詞はfor+人、動名詞は所有格or目的格
  5. 準動詞の完了形〜ズレていたら【to haveVp.p.】や【having Vp.p.】
  6. 準動詞の受動態〜【to be Vp.p.】や【being Vp.p.】、受動態にしてから作る
  7. 不定詞の名詞的用法〜SOC・it~toV・疑問詞+toV
  8. 不定詞の形容詞的用法〜主格・目的格・同格と~thing
  9. 不定詞の副詞的用法〜目的・程度・結果...、7つの意味を完璧に
  10. 不完全な不定詞句〜形容詞の目的格・副詞の程度&限定は注意せよ!
  11. 完了不定詞〜【意図・願望系】は時制のズレにもう1つ意味が加わる
  12. be to不定詞〜予定・義務・可能・運命・意図の5つ。助動詞の役割だよ!
  13. 動名詞とは〜不定詞との使い方の違いとニュアンスの違いを押さえよ
  14. 動名詞のみを目的語に取る動詞〜メガフェプス+8(ダパミクス)
  15. 不定詞のみを目的語に取る動詞〜頻出は意味が重要な動詞たち
  16. 目的語が動名詞か不定詞かで意味が変わる動詞〜remember・forget・tryなど
  17. 不完全な動名詞句〜need・want・repair・be worth
  18. 前置詞の省略が起こる動名詞〜準動詞ができるマジックの1つ
  19. 分詞とは〜2つの種類・置く位置・補語の話
  20. 分詞の意味〜【動詞の種類】×【分詞の種類】で4つある
  21. 現在分詞か過去分詞かの選択〜動詞の知識を使え!
  22. 感情を表す動詞の使い方〜態が日本語と逆の捉え方
  23. 分詞構文とは〜理由・付帯状況・時・条件・譲歩・の意味だけど...
  24. 分詞構文の作り方〜3つのステップで即完成!
  25. 付帯状況の分詞構文〜【同時】と【連続】
  26. 不定詞・分詞・分詞構文の慣用表現

第5文型(4)

  1. 原形不定詞の選び方〜make・have・let・知覚動詞+help
  2. 第5文型の補語〜原形不定詞・to不定詞・分詞の選び方
  3. 無生物主語〜主語が後ろのきっかけとなっている文
  4. AをBと見なす【A as B】〜regard・look on・think ofなど

関係詞(17)

  1. 関係詞とは〜【形容詞節を作る接続詞】が大原則
  2. 関係代名詞who・which・that〜3つの条件を確認する
  3. 関係代名詞の選択〜何が足りないのかを考える
  4. 関係代名詞that〜必ず使うよん・絶対に使えないさん
  5. 目的格の関係代名詞の省略〜名詞・名詞・Vを見たら省略を疑う
  6. 関係代名詞what〜「こと・もの」と訳す
  7. 制限用法と非制限用法〜追加のカンマ
  8. 数詞 of 関係代名詞〜先行詞の一部を指す表現
  9. 関係代名詞の二重限定〜同じ形に注意
  10. 連鎖関係代名詞〜SVVの形は1つ目のVを確認する
  11. 擬似関係代名詞but〜先行詞が否定で、且つ意味が二重否定
  12. 擬似関係代名詞as・than〜熟語として処理するのがベター
  13. 前置詞+関係代名詞〜節内完全になるケースは関係副詞につながる
  14. 関係副詞when・where・why・how〜ポイントは先行詞と省略
  15. 複合関係詞とは?〜まずは3つの特徴を理解しておこう
  16. 複合関係代名詞〜whatever・whoever・whichever
  17. 複合関係副詞〜whenever・wherever・however

仮定法(8)

  1. 仮定法とは〜仮定法過去と仮定法過去完了の違いと、助動詞の選び方
  2. ねじれの関係ー仮定法は訳す!
  3. If以外の仮定法〜I wish・as if・It's time・不定詞の【条件】
  4. 仮定法未来〜可能性の低いshouldと、可能性がないwere to
  5. 仮定法の定番問題〜ifの省略と、if it were not forの書き換え
  6. otherwise 〜仮定法自体の書き換え
  7. その他の仮定法表現〜and・or・名詞
  8. 名詞構文

助動詞(19)

  1. 助動詞とは〜核のイメージを中心に「想い」と「推量」の2つの意味
  2. 助動詞willの用法〜【意思】【習性】【勝手な確信】←「100%する」
  3. 助動詞canの用法〜【可能】【可能性】←「いつでも実現する」
  4. 助動詞mustの用法〜【義務】【断定】←「圧力」
  5. 助動詞shouldの用法〜両方【当然】
  6. 助動詞mayの用法〜【許可】【可能性】【祈願文】←「50%の確率」
  7. 助動詞shallの用法〜【意思】【運命】
  8. その他の助動詞の用法〜had better・need・dare
  9. 助動詞wouldの用法とused toとの違い〜【今との比較】と【規則的】
  10. 2つの注意すべきshould〜that節の中が原形か現在形か
  11. 否定の目的を表すshould〜「しないために」
  12. 助動詞の時制〜would・could・should・mightは【過去】ではなく【丁寧】
  13. 助動詞の過去形+完了形〜【過去の推量】か【非現実】
  14. 助動詞の時制の一致
  15. canとbe able toの違い〜キーワードは【能力】と【常時】
  16. canの慣用表現〜can't help Vingやcan't~too…など
  17. wouldの慣用表現〜would like toやwould rather thanなど
  18. mayの慣用表現〜may wellとmay as wellの違いは「納得」vs「マシだ」
  19. doの用法〜強調の助動詞・「役に立つ」動詞・2パターンある代動詞

比較(15)

  1. 英文法の比較を学ぶ準備〜【比較対象】と【比較基準】の存在を知る
  2. 原級の例文で学ぶ6つの比較基準〜muchの区別が重要
  3. 原級の劣等比較とasの後ろの語順〜原級はそもそも「≧」である
  4. 比較級の作り方〜betterの使いどころとless/fewerの使い分け
  5. 比較基準の作り方と不規則変化する形容詞・副詞まとめ
  6. 最上級の作り方〜inとofの区別とtheが必要か否か
  7. 比較の書き換え〜最上級をany otherとNo otherに
  8. ラテン語比較級〜thanではなくtoを選ぶことと、prefer A to Bの形
  9. 比較の「差」の表し方〜比較構文の前に置く表現①
  10. 比較の倍数表現と序数表現〜比較構文の前に置く表現②
  11. 比較対象が足りない3パターン〜the 比較級 of the twoなど
  12. not比較級とno比較級〜「文」否定か「差」否定か
  13. not more thanとno more than〜「事実」か「感想」かの違い
  14. the 比較級の3パターン〜all the比較級、none the比較級、「〜すればするほど」
  15. 比較対象の省略・倒置・補足〜分かれば省略してOKの原則